看護師の転職|夜勤という働き方はあなたに合っていますか?

看護師と夜勤の問題

仕事がきついという理由で転職をしたり、退職をする看護師はたくさんいます。人によって何がきついと感じるかは違いますが、夜勤の過酷さが問題となっている場合も多いようです。

看護師にとって確かに夜勤は仕方がないものであるため、ガマンをしなければならない場合も多くあります。しかし、どうしても無理だと感じているのであれば、まずは上司に相談をしてみてはどうでしょうか。

夜勤は仕方がないものだから相談をしてもどうにもならないと、勝手に決めつけている人もいるようです。ですが、無理をして突然辞められるよりも、夜勤を少なくして続けてもらったほうがいいと考える病院が多いため、相談に乗ってくれるケースは珍しくありません。

ただ、中には夜勤が減っても辛さが残ってしまい、続けていくことができなくなってしまう人もいます。この場合、夜勤が原因で仕事が辛くなっていたわけではないと考えることができるので、転職活動について考える必要も出てくるでしょう。

夜勤が減ったことにより働きやすくなった、これなら問題なく働き続けることができると感じている看護師はたくさんいます。夜勤は、合う人と合わない人とに分かれます。どうしても自分の身体を調整していくことができず、体調を崩してしまう人もたくさんいるのです。

そういったことにならないためにも、どうしても夜勤が合わないと感じているのならば夜勤がない病院を選択してみてはどうでしょうか。他の人が夜勤をしている中、自分だけしないというのは周りからの目が気になりますよね。

日勤のみで働くことができる職場もたくさんあるので、最初から夜勤をしない契約で働くか、夜勤そのものがない病院を選択するのがおすすめです。

スキルアップのために夜勤がある病院を選択している人もいるようですが、日勤で夜勤並みのスキルを身に付けることができる方法があります。それは、訪問看護です。訪問看護を担当することによって得られる知識や技術はとても役立つので、こちらも検討してみましょう。

男性准看護師が求められている

最近は病院で働く男性看護師をよく見かけるようになってきましたが、男性の准看護師も同様に増加しているようです。男女雇用機会均等法による影響も考えられますが、何より看護の現場で男性の准看護師が求められているということが大きいでしょう。

男性看護師について語る時によく言われることですが、病院内の業務では重い機器を運ぶこともありますし、患者さんの体を動かしたりするのに力が強い人の方が仕事がしやすいと言えます。こうした点で男性の准看護師が活躍するチャンスも多いのです。

もちろん男性に力の強さばかりを期待されているわけではありません。患者さんは男女両方ともいますし、異性の准看護師に触れられたりすることに抵抗を感じる人もいます。

男性の場合、できれば同性の看護師・准看護師方が抵抗もなく看護を受けられるという人も多いでしょう。やはり准看護師が女性ばかりという現場よりも、男性も混ざっていた方が患者さんからしても看護を受けやすいと言えるのかもしれません。

看護師は慢性的に人手不足の状態が続いています。男女を問わず、看護師や准看護師として働く人が増えれば、それだけ現場も余裕が出てきますし、良質な看護を提供できることにつながります。今のところ准看護師全体のうち、男性が占める割合は一割弱だそうです。

以前と比べると少しずつ増えてきていますし、これからはもっと増加することも考えられます。男性准看護師の方で就職や転職を考えている場合、転職サイトに登録するとスムーズに仕事先を探すことができます。

病院によっては男性の准看護師を採用していないこともありますが、転職サイトで検索すれば、積極的に男性准看護師を求めている病院を探すことも可能だからです。

歓迎されない職場に応募するのは時間の無駄ですから、ぜひ自分が求められている所を見つけるようにしましょう。もちろん転職サイトに登録すれば、自分で転職先を検索することもできますし、アドバイザーに希望に沿った仕事場を探してもらうこともできます。