看護師と言えど、転職する際は年齢が気になりますよね・・・

美容外科看護師、転職に年齢制限はある?

「転職で気になる年齢制限」

転職で一番気になるのが年齢制限です。最近は一般の求人でも年齢制限を問わない企業が増えています。 ただしそれは表向きだと思っていますが、制限を設けることで印象が悪くなることを避けているのかもしれません。

手に職を持たない男性の場合30代、女性の場合40くらいまでがギリギリのラインと言えるようです。 看護師はどうなのかというと、表向きという制限を設けているということはありません。要はきちんと資格を持っていて経験がある方なら良いということになります。

離職率が高いと言われ、看護師不足と言われている職種ですので、どの医療機関でも人が不足しているのです。 また、女性が多い職場ですので妊娠出産、育児、あるいは介護のために一時的にお休みをされる方も多いため、その穴を誰かに埋めてほしいと思っています。

ですので、年齢を問わず採用されるケースが高いのです。 少しの穴埋めで募集する場合「急募」で求人として上がる率が高いと言われています。

「看護師として正規職員で採用されるか」

一時的に穴を埋めて欲しい場合、正規職員として迎え入れてくれる可能性は低いと言っていいでしょう。 お休みされていた方が戻ってくるということでの採用ですので、そのあとは辞めていただくということになるのです。

正規職員として採用されなくても、派遣看護師であればパートでも時給は高く設定されていますので、お給料を考えた場合正規職員じゃなくても取り分は多いと言えます。夜勤専属ならもっと高い時給で雇ってもらえます。

それでも正規職員として採用されたいなら、現職でスキルを積んで置くことをオススメします。 その理由としては「管理職」として採用される可能性が高くなり、好条件で受け入れられる率が高くなるのです。

ブランクがそれほどなく、スキルもそこそこ積んでいる方なら、リーダーとしての資質も身についているでしょうから、採用する側にもありがたい存在となるのです。

20代の看護師転職

「有利な20代の転職」

20代というと経験が浅いことから転職は難しいと思われがちです。ただ、受け入れ側のメリットは若いからこそあると言われており、必ずしも難しいことではありません。

メリット以下なのだそうです。

1.経験が浅いぶん先輩看護師の意見を素直に受け入れることができるため職場に馴染みやすい

2.体力があるため交代勤務にも有利

3.長く勤めてくれる可能性が高い

ある程度のスキルが有り年齢がいっていると、これまでのスキルや転職前の経験がマイナスになることもあるのです。つまり、方針や仕事の仕方が違うと反発しやすいということです。

「デメリットが有利になる理由」

経験が浅いため責任ある仕事を任せることができない。おそらく、これが20代の看護師転職のデメリットかもしれません。スキルと経験を重視する医療機関であれば採用を見送る可能性は高いですが、「育てる」ことを考えた場合、それがメリットになると言われています。

長く務めていた医療機関があれば、そこでの考えを簡単に捨てることはできません。しかし、若いからこそ順応しやすく育っていくスピードも早といえます。 経験不足は仕方ありませんが、順応しやすく素直であるため、様々なことを吸収しながら育っていく様子が見て取れるのです。

「20代看護師転職で採用されるために」 一般的には結婚や妊娠の可能性が高いとも言える年代です。採用側では長く勤めてくれる人を探しているため、そのへんがネックになることもあるようです。しかし、この年代で就職転職をされても長く勤めていらっしゃる方はいます。要は本人のやる気なのです。

結婚出産しても働かせていただくつもりです。あるいは、まだそれについては考えていません。など、あくまでもそこで働きたいという意思を伝えることが肝心なのです。

「目的にあった看護師転職」

20代ならたくさん学んでスキルと経験を積んでほしいものですが、そのように考えている方なら「大学病院」や「総合病院」がお勧め。研修制度が充実しており、勉強会などを受けることもできます。 臨床経験があるなら「CRC」や「デイサービスや訪問看護」という転職先も有ります。

ただし、3年以上の経験が必要な場合もあります。 夜勤がなくてプライベートも重視したいのなら「クリニック」を選んでもよいでしょう。ただし、専門性の高いクリニックの場合にはスキルが問われる可能性はあります。

メニュー
美容外科看護師